メンズエステ なぜか最後に鼠警部へリターン変にモヤモヤさせられてタイムアップ 今池

history

メンズエステ なぜか最後に鼠警部へリターン変にモヤモヤさせられてタイムアップ 今池

50年以上継ぎ足されてきたタレと、爪楊枝が立つほど油がぎとぎとしたラーメンで有名です。通称「重油ラーメン」。

Tさんの明るい笑顔は奥さんの癒しでもありました。
近年は肺炎を病むことが多く、度々入院されましたが、その都度復活されていました。ただ今回の入院は呼吸困難を伴っており心配していました。嚥下性の肺炎ということで胃ロウという直接胃に栄養物を流し込むチューブを付けたのですが、その後炎症を併発し、ついに不帰の人となりました。
Tさん、長年の闘病ご苦労様でした。これからは大好きでもできなかったパチンコや釣りを楽しんでください。
奥さん、お疲れ様でした。さびしいでしょうが、今後のご自身の人生を大切に。
2009年4月22日 (水)
佐藤勝治さんのこと
宮澤賢治関連のメールマガジンからあるブログ壺中の天地へ飛んで行ったら、佐藤勝治さんのことが書かれていました。
佐藤さんのことは以前HPに追悼文を書きました。
游氣風信 34号そのことをコメントに残したところ、ご丁寧にお返事をいただきました。思えば人生、色々と不思議な出会いをしているものです。やはり人は人間としてさまざまな関わりの中でしか生きていけないのですね。

その上で簡単なコメントを述べましょう。

今池の錦通交差点から北東に不思議な道が真っ直ぐに延びています。駅近くは自転車置き場になって歩きにくいのですが、少し行くと閑静な住宅地になり、見事な桜並木が続きます。道端にある案内地図から、その先は古風な東山配水塔に向かっていて、ここが地下に水道管を埋めた道であることが分かります。

ここのラーメンは先述したマニア向けの濃いラーメンだけでなく普通のラーメンもあります。しかしわたしは白餃子のファン。目の前でせっせと包んでいるおばさんに「その具は何か」と尋ねたら「秘密」と一蹴されました。

今池から反対の北東部に進んでいくと旧軍隊工廠の跡地である千種公園や、盲学校、聾学校、イチローの出身校や、女子高(最近共学になったらしい)などの学園地帯があります。そこの地名が若水。これも水を含む地名です。きっとここにも水にちなんだ由来があると思っていますが詳しいことは分かりません。

ここから今池に戻りましょう。

お話はロシアの宇宙飛行士が宇宙に長期滞在した後、身体に重大な、しかも予期せぬ事態に陥るところから始まります。なぜなら彼らは地上での生活に対応できなくなっていたからなのです。

髪が伸びたので行きつけの理髪店ぽるけぴっくへ行きました。今池交差点から水道みち緑道を進んで高見にぶつかるところにあるお店です。四季折々のディスプレイが目を引きます。

今池西はずれにあるこの店にはまだ二回しか行ったことがありませんが、すっかりファンになりました。

それでも長い年月ここにいますから、あちこち食事や飲みに出て、気楽に羽を休めるお店もいくつか見つかり、何軒かの店主とも親しくなりました。それで今月は今池の名店を報告しようと思います。

それらもろもろの理由から、わたしは『ヨイトマケの唄』がなぜ生徒たちを送り出す歌になるのか猛然と知りたくなったのです。そこでそのお嬢さんに倣ってインターネットにあたって見ることにしました。

数年前まで今池駅前に支店があってそちらは弟さんがやっておられました。仕込みの匂いが凄まじく公害さながらでしたが、病気で閉店。今は本店だけのようです。もともとわたしは駅前の支店にたまに顔を出していました。無愛想の骨頂だったオヤジが何しにきたのかと睨めつける風情のファンだったのです。

1978年(昭和53年)24歳 マッサージ・指圧の免許取得 即開業
1979年(昭和54年)25歳 鍼と灸の免許取得
同年 在宅訪問リハビリ開始 脳卒中後遺症や神経難病の人を対象
1981年(昭和56年)27歳 増永先生逝去
1982年(昭和57年)28歳 坪井先生と出会う
1985年(昭和60年)31歳 今池に治療拠点
などが上げられます。

なぜ、若い身空で指圧なんぞに興味を持ったのでしょうか。自分でもよく分かりませんが、友人の話ですと小学校の頃から人の腕を取って指圧したり、ポキポキ骨を鳴らしていたりしたようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました