こんな感じで博多でのメンズエステ初体験は終了しました

history

というわけで “やれる”メンズエステの特徴などまとめてみましょう

当記事の内容‥・メンズエステってなに?
・本番までやれるメンズエステの特徴
・メンズエステで施術中に注意すべきこと
・・・などなど当記事では、ざっとこんなことが書いてあります。

こんにちは。ライターのジョージMです。出会い系アプリで50人以上の女性とエッチ経験がある私が、やれるメンズエステの楽しみ方についてまとめてみました。

で、たまたま2ch(5ch)で拾えた情報に、博多の”やれる”メンズエステの書き込み発見。よくわからないけど、某「R」という」店は手頃な料金で、抜きまでできるらしい。場所も博多駅周辺で自分の宿泊先から目と鼻の距離。とりあえず「R」に決めて、予約の電話をいれました。

こんな感じで博多でのメンズエステ初体験は終了しました。初めてだったので仕方ない部分もありますが、いろいろと心残りもありました。

というわけで、“やれる”メンズエステの特徴などまとめてみましょう。

“やれる”メンズエステでは、施術女性はマッサージをしてくれはしますが、肩こりや腰痛に効くようなタイプのマッサージではありません。基本的にはオイルマッサージになります。オイルマッサージとは、アロマオイルをはじめとしたオイルを利用して、身体をマッサージする施術です。だから、コリをほぐすとかよりも、どちらかというと、心身ともにリラックスさせ、ストレスを解消させるのが主な目的になります。

ほとんどのメンズエステでは、鼠径(そけい)リンパのマッサージは基本です。鼠径リンパのマッサージとは、足の付け根のマッサージ。要するに男性器周辺のマッサージですね。”やれる”メンズエステでは、鼠径部を念入りにマッサージしてもらった後、ビンビンに硬くなったペニスを手コキ、もしくはフェラで抜いてもらう感じですね。もちろん、やれるかどうか交渉して、本番行為で抜いてもらうこともあります。

会社の同僚が、新宿の某メンズエステは本番までやれると言ってました。“やれる”メンズエステを見極めるにはどうすればいいでしょうか?

でも「待てよ」と。そういえば、メンズエステという選択肢もあるじゃないか、と。それまでメンズエステは、話には聞いていたけど、自分から積極的にって感じでもなかったです。だったら風俗のほうが手っ取り早いし。だから全くのビギナーで、どういうシステムかもよくわからない状態。さて、博多のメンズエステ、どこに行くべきか?

「ナニコレ?」いろいろ聞くと、どうもメンズエステでは常識らしいです。でも別にはかなくてもいいようなので、私ははきませんでした。すっぽんぽん状態で腰にタオルを巻いて、ベットへ。

“やれる”メンズエステは確かに存在しますが、それはセラピストの女の子が同意のうえでの大人の情事。お店ですらノータッチの上でなりたつ、大人の男女の秘め事です。何度も言っていますが、”やれる””やれない”は運もあるので、客側はある種のゲームみたいに楽しむくらいの余裕で臨みましょう。そうでないと、性欲が暴走して大変なことになりかねませんよ。要注意です!

結果、14,000円+手コキのオプション5,000円の19,000円。まあメンズエステの料金としては妥当なんでしょうけど、安くもない出費でした。

上述の通り、私のメンズエステ@博多でのデビュー戦はホロ苦い結果に終わりました。でも、あれから何回か実戦を繰り返して、私なりの「メンズエステ本番交渉術」のようなものがわかってきたので共有しておきます。

ここまでは博多でのデビュー戦で、私も実践できていました。事前リサーチは重要です。繰り返しますが、メンズエステには健全なお店や、グレー系のお店など、いろんなお店が存在します。さらに、グレー系でも手コキまでしかできないお店、フェラまでやれるお店、そしてこっそり本番セックスまでやれるお店まで存在します。そもそも健全なメンズエステ店は論外ですが、グレー系でも「絶対に本番行為までは出来ないお店」というのもあるので、事前にネット等でリサーチすべきです。

でも、”やれる”メンズエステでは、施術は完全な個室でおこなわれます。お店によっては、受付だけ済ますと、別のワンルームマンションの一室を案内されたりします。つまり、仮に客に対しヌキ行為や本番行為をすることになった場合は密室でないと都合が悪いからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました